プラス少額短期保険

入院時にかかる諸経費を入院前にご請求いただけます!「入院生活に安心を」手頃で安心入院保険
入院時にかかる諸経費を入院前にご請求いただけます!「入院生活に安心を」手頃で安心入院保険
月払
保険料
50歳
男性
2,287
月払
保険料
50歳
女性
1,940

※ 健康な方向け「Bプラン」を選択した場合の月払保険料です。

\あなたの保険料を今すぐチェック/

持病がある方も
3つの告知でお申込みいただける
「引受基準緩和型」 がございます。

まずはカンタン
保険料シミュレーション
個室にしたいけど金額的な心配や急な出費などお金に関する不安は尽きません 個室にしたいけど金額的な心配や急な出費などお金に関する不安は尽きません

手ごろであんしん入院保険
予測不能な入院生活に
あんしんを

4つの特長で
「あんしん」をお届けします

特長01

日帰り入院から
一時金を受け取れます。

※ 日帰り入院とは、入院開始日と退院日が同日の入院をいいます。

特長02

差額ベッド代の
実費負担分を
1日最高1万円まで
補償します。

※ プランによって補償額が違います。

入院時にかかる
「差額ベッド代」
とは?

差額ベッド代を要する病室は
「特別療養環境室」といい、 病床数
4床以下
一定の
面積
プライバシー
の確保
の施設等を備えた病室で、
特別料金(差額ベッド代)
かかります。

健康保険適用の範囲外・高額療養費制度の対象外となり
全額自己負担となります。

※基本的に、「特別療養環境室」の利用を希望・同意した入院時にかかる費用です。

入院時にかかる
日数と費用は
どれくらい?

近年の入院日数は短期化の傾向に
ありますが、
健康保険が適用されない
「差額ベッド代」や、
治療費以外の
食事代・日用品費」を含めると、
自己負担費用は平均20.8万円かかります。 自己負担費用は平均20.8万円かかります。

退院患者の平均在院日数の
年次推移
退院患者の平均在院日数の年次推移は2017年時点で病院30.6日、一般診療所12.9日

出典:厚生労働省「平成29年(2017)患者調査の概況」を元にプラス少額短期保険が作成

直近の入院時の自己負担費用
直近の入院時の自己負担費用は平均20.8万円

出典:公益財団法人生命保険文化センター「令和元年度生活保障に関する調査〈速報版〉」を元にプラス少額短期保険が作成

特長03

入院費用前払いサービス
利用いただく事で
早めの給付請求が可能に!

※ 入院一時金特約のみご利用いただけます。

入院保証金や入院のための身の回り品、入院前後にかかる通院費など入院準備にもお金がかかる... 入院にかかる諸経費を入院前に請求できます!
入院保証金や入院のための身の回り品、入院前後にかかる通院費など入院準備にもお金がかかる... 入院にかかる諸経費を入院前に請求できます!

一般的にご請求は
退院後に手続きを行いますが、
入院開始時にかかる
諸経費も少なくありません。

そのような入院開始前の諸経費を
前倒しでご請求いただくことで、
ゆとりを持った入院生活を
お送りいただけます。

入院費用前払いサービスではご入院前に「給付金のお支払い」※1とご入院後に「退院後費用」※2がございます。
従来は退院後に給付金のお支払いが行われます。 入院費前払いサービスはご入院前にご請求・給付金のお受け取りができます。

※1 入院費用前払いサービスのご利用には所定の条件があり、
ご請求手続きに要する日数によっては、入院前のお支払いとならない場合があります。

※2 差額ベッド費用保険金の請求がある場合

特長04

満20歳から89歳まで
お申し込みでき、
お手ごろな保険料を
実現しました。

月払
保険料
50歳
男性
2,287
月払
保険料
50歳
女性
1,940

※ 健康な方向け「Bプラン」を選択した場合の月払保険料です。

保障内容

1日当たり保証上限額、Aプラン5,000円・Bプラン10,000円。1回の入院につき、Aプラン200,000円・Bプラン100,000円。

1日当たり補償上限額

  • 差額ベッド費用補償保険 ※1
  • 差額ベッド費用補償保険 (引受基準緩和型)※1

保険契約期間中に被保険者が入院し差額ベッド費用※2を負担した場合に、差額ベッド費用保険金をお支払いします。

1日当たり補償上限額、Aプラン5,000円・Bプラン10,000円。

※1 一回の入院については、入院日数30日を限度とします。1保険期間における差額ベッド費用保険金の支払金額は、入院一時金特約との合計で、80万円を限度とします。 ※2 「 差額ベッド費用」とは、選定療養に定める特別の療養環境の提供にあたるベッドまたは病室の使用料をいいます。 * 引受基準緩和型は初年度の責任開始日から起算して6か月以内は、支払金額が半減される支払削減期間があります。(事故による入院を除く)

1回の入院につき

  • 入院一時金特約
  • 入院一時金特約 (引受基準緩和型)

手術の有無にかかわらず、入院1回につき一時金をお支払いします。

1回の入院につきAプランは200,000円、Bプランは100,000円です。

* 引受基準緩和型は責任開始日から起算して6か月以内の入院による入院一時金の支払い金額は、不慮の事故による傷病を直接の原因とした入院を除き、支払額が50%に削減されます。

保険料がお手ごろな
「健康な方向け」の他に…
持病がある方も
3つの告知でお申込み
いただける
「引受基準緩和型」
ございます。

健康な方向け
手頃であんしん入院保険
引受基準緩和型
手頃であんしん入院保険「緩和型」
TOPに戻る